トラックボールのすすめ Logicool M570レビュー

あけましておめでとうございます。ウサミです。2016年も「ウサミの日記。」をどうぞよろしくお願いします。

年末年始どのようにお過ごしでしょうか?実家に帰省したり、初売りに行ったりとお忙しい方も多いと思います。

そんな時にピッタリな(?)話を今回は書こうと思います。

今日、日常的にPCを使う事が当たり前になってきました。そんな中で重要になってくるのがマウスです。

みなさんはどのようなマウスを使われているでしょうか? 有線マウス、ワイヤレスマウス、Blutoothマウス、リングマウスと呼ばれる特殊なものもありますね。

上にあげたマウスももちろんいいのですが、それでもオススメしたいのがトラックボールです。

まず、トラックボールってなに?という方のために説明します。通常のマウスはそマウス本体を動かすとセンサーが反応し、PC上のマウスポインターが動くといった感じです。しかし、トラックボールはそのものを動かす必要はありません。 本体にボールがついていてそれを指で回して使うのです。は?という方もいるかと思いますので、画像を用いて説明しますね(^_^;)

DSC04835_R

これは自分が使っているロジクールのM570tというトラックボールです。

普段普通のマウスを使われている方はなんだこれwwみたいな感じかもしれませんが、これもマウスなんです。

この青い球体がボールでボールの奥にセンサーがあり動きを読み取っています。

他の角度からこのトラックボールを見てみましょう。

DSC04836_R

DSC04837_R

こう見るとなんかカッコよくないですか?!?!?(自分でもなかなかかっこいいと思う…

またこのトラックボール、デザインが良くてものすごく手にフィットします。

上の画像を見てもらえばわかるかもしれませんが、使わない指も置けるようにデザインされています。これは本体を動かすマウスとは違い、その場で動かず作業するトラックボールでは非常に重要なのです。

DSC04838_R

裏面はこんな感じです。電池BOXとON/OFFスイッチがついています。

DSC04839_R

握ってみるとこんな感じ。このトラックボールは親指でボールを操作するタイプです。トラックボールもいろいろな種類があってすべてが親指で動かすわけではありません。

あとはこのトラックボールの場合は青いボールを親指で転がし、普通のマウスと同じようにクリックするだけです!

さらに最近ではほとんどのマウスに搭載されようになりましたがこのM570tは戻る/進むボタンがついていてとても作業が楽になります。

DSC04840_R

このトラックボールはボタンが脇ではなく上面に付いているような形になります。これが慣れるとすごい楽なんです!

DSC04841_R

さらにこのM570tは電池残量ゲージが付いているので、電池交換の時期がひと目でわかります。まあロジクール製品怖いほど電池が持つので頻繁に交換する事もないんですけどねwww ちなみに自分は常に電源は入れっぱなしで、一日5時間以上は使用していると思いますが、一年近く交換していないと思います。

自分が使ってるトラックボールのことばかりですいませんw ここからはメリット・デメリットを書きたいと思います。

【メリット】 
1.本体を動かさなくていいので疲れない
2.省スペース、どんな場所でも使用可能
3.ポインターの高速大幅移動が可能
4. 使っているとかっこいい

【デメリット】
1.慣れないと作業効率ガタ落ち
2.持ち運びには少し不便 
3.選べる種類が少なめ、価格がやや高い
4.掃除が厄介

では細かく見ていきましょう! 
まずは【メリット】 から。
1.本体を動かさなくていいので疲れない
これがトラックボール最大のメリットじゃないかなと思います。自分もトラックボールに切り替えてから疲れがすごく減りました。手首、肩とかの疲れがほぼ無いです。ただこればかりは個人差があると思いますので一個人の意見です。 

2. 省スペース、どんな場所でも使用可能
本体を動かす必要が無いので、置いておける場所があればそれだけで利用可能です。どんな場所でもというのは言い過ぎかもしれませんが、ほんとどんなところでも使えますw マウスだとガラスのデスクだとうまく反応しなかったり、布の上では使えなかったりしますよね。しかしトラックボールはそんな心配いらないので、机の上はもちろん、カーペットの上、ベットの上、足の上、頭の上どこでもいけちゃいます!!!!!多分水中は無理です、多分。

3.ポインターの高速大幅移動が可能 
これはボールだからできることだと思うのですが、ボールをビシャーっと転がすとポインターがものすごい勢いで端から端へ吹っ飛んでいきます。マウスみたいに一回持ち上げてもう一回ということは必要ありません。ボールをビシャーで大丈夫です。

4.使っているとかっこいい 
これはだいぶ個人差があると思いますが、トラックボールを知らない人からみれば「あの人何使ってるんだ?!」となるの間違いありません。 せっかく使うなら、使いやすくカッコよく行きましょうよ!!!

続いて【デメリット】。
1.慣れないと作業効率ガタ落ち
これはトラックボールに変えた初期の頃だと思うのですが、やはり慣れないと最初は難しいです。ブラウザの最小化ボタンを押そうとしてたのにズレて閉じるボタンを押してしまったり、ちょっとした画像編集の時にボールが滑って急に今まで編集したものが全て切り取りになってしまった時などはもう絶望ものです。(やり直しで戻せばいいんですけどね…)早く慣れましょう。 ちなみに自分は買って一日ほどでほぼ慣れました。

2. 持ち運びには少し不便

これはボールが付いているから仕方ないのかもしれませんが、通常のマウスに比べれば非常に持ち運びには不便です。ボールの部分が飛び出してポコッとなってしまったり、薄いデザインではないものが多いのでかさばるかもしれません。が!!!それでも持ち運ぶだけの価値と能力はあると思います!!

3.選べる種類が少なめ、価格がやや高い 
これはしょうがないのかもしれませんが、やはり普通のマウスよりは普及していないものなので種類が少なめです。Amazonや楽天などの通販では選べる種類が多めな方ですが、家電量販店にはまだまだ少ないです。「なんでお店で見るの?ネットであるならそこで買えばいいじゃん!」と思う方もいらっしゃいますが、これには理由があります。マウスは手で使うものなので、実際に持ってみたほうがいいのです。詳しく説明すると、手の形、指の長さ、手の甲の大きさなど人それぞれ全然形が違います。なので、実際に触ってみてフィットするものを選んだほうがいいと思います。手に合ってないとそれだけで使いづらいですし、何より疲れてしまいます。そこの疲れはトラックボールも同じだと思います。

4.掃除が厄介 
これはトラックボール特有の悩みかと思いますが、使っているとなんかボールの動きが重たいなと感じる時があります。それは掃除の時が来たというトラックボールからの訴えだと思ってくださいw トラックボールはこのようにボールを簡単に外せます。(多分どれでも…)
DSC04842_R

このようにスポッと取れます。それでその重いと感じる原因はボールを支えている点の部分にホコリやゴミが詰まることで起こります。

DSC04843_R

見えますかね?この白い点です。この点が3つ中についています。(M570tの場合)

DSC04844_R

DSC04845_R

ここにホコリが溜まるんですよほんとw 自分はちょっと重くなったな~と思ったらすぐボールを外し、シャーペンの先で全部ほじくり出しますw

ガサッとまとめてみましたがどうでしょうか?少しでもトラックボールの良さが伝わったらいいなと思います。
なにか疑問や質問がありましたら気軽にコメントしてください。自分のできる限り全力でお答えします!!

それでは快適なPCライフを!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)