右抜き・左抜き両対応ボトルゲージ!Zefal「WIIZ 170-001」

今回もロードバイクのアクセサリーのご紹介です。

ロードバイクに限らず、スポーツバイクに乗っている方なら大体の方がボトルゲージつけていますよね。

自分も今まで乗っていたGIANTのMTBにはアストロプロダクツで買ったボトルゲージをつけていました。
選んだ理由は「安いから」。 しかしその時はまだ右抜き用、左抜き用なんて物があるなんて知らなかったので「安いのつけときゃいいや」という感覚でつけていました。

しかし実際は知っている時などにボトルを抜こうとすると自分は右向きに抜く癖があるようでボトルを取るとき毎回右のツメのあたりが「パッチン!」という音がしていていつ割れるか心配で気軽にボトルをとれなくなりましたw

そこで新車を買ったとともにボトルゲージも変えてみました!
DSC03912_R

今回購入したのはZefalのWIIZ 170-001というボトルゲージです。Amazonで702円でした(2015/06/25)
選んだ理由は値段とロゴ。この本体が黒で白いロゴにワンポイントの赤!これで決めました。購入した時は右抜き、左抜き両対応なんてしりませんでした。商品説明欄に書いてなかったから。

届いた時開けてみてびっくり!!
「右抜き用頼んだのに2つとも左利き用やんけ!!返品しなきゃ!!」とっさにこう思ったのですが、なぜか一つ開けて見ようと思ってしまいました。理由は背面ロゴがカッコ良かったから

DSC03916_R

これもAmazonページにはなかったし、いろいろ驚かされることが多い商品だなあなんて思いながら開けてみると更にびっくり!!!

DSC03919_R

これ分離する!!!!
ここでやっと原理がわかり左右抜き対応ということをしりました。

本体の部分を逆さまでつけると変わるんだ!と
やってみました。

DSC03921_R

こっち向きでつければ左抜き用

DSC03923_R

こっち向きでつければ右抜き用

すごいですよね、これで700円です。早速2つともつけてみたいと思います。

DSC03950_R

DSC03952_R

かっこいいwww 

想像以上にカッコよくなりました。両方ともしっかりついてブレなどないです。
ただなにも刺さないで走ると開いている部分がカチカチあたってうるさいみたいです。

この値段でこのクオリティに自分はもう満足です。これから大事に使っていきたいと思います! 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)