SHURE SE215のリケーブルに「OYAIDE HPC-MX」を使ってみた

こんにちは、ウサミです。

前の記事で書いたとおりSHURE SE215を購入しました。

しかし、試聴した時から気になっていた点がありました…

それは、「純正ケーブルのワイヤー」 

純正でついてるケーブルはイヤホン本体から耳後ろくらいまでくるワイヤーが自分には合わないなあと思いながら試聴していました。

あと透明ってなんか安っぽいしダサい()

そこでまたネットで探していたら、「リケーブル」というものを知りました。

名前を聞いたことははあったけど、詳しくは知らない感じでしたのでこの機会にと思ってちょっと勉強しました。

そしてSE215を買う時に一緒に買ってしまいましたw

今回買ったケーブルはこちら!

「OYAIDE HPC-MX Red 1.2m」です。

DSC05038_R

DSC05039_R

一番オススメされていてかっこよかったのでこれにしました()

DSC05041_R

純正ケーブルと並べてみると今回買ったほうが細いのがわかりますね。

DSC05042_R

早速SE215につけてみましょう。

DSC05043_R

かっこいい…

DSC05044_R

このコネクタからすぐケーブルになってるのが欲しかったんですよね…もう優勝

DSC05045_R

プラグの部分はLまで行かないですが、少し曲がっています。これが使いやすいんだ本当に…

DSC05047_R

愛用中のiPhone4sに挿してみるとこんな感じ。

ストレートだしケーブルの負担が心配ですが、これなら安心して使えますよね!

DSC05052_R

本当に最強のセットができたと思います。実際これでもう一年近く使っていますが、断線、ノイズ等不具合全くありません。これからもこのセットで使っていきたいと思います(^o^)/

<

div style=”padding:10px;border-radius: 5px;border: 2px solid #FFFFFF”>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)