カメラやレンズが増えてきたので防湿庫を買った[HOKUTO HB-88EM]

こんにちは、ウサミです。

祖父から譲って貰ったEOS Kiss X2とNEX-F3から始まった僕のカメラ人生ですが、着々とレンズやら周辺機器が増えてきました(?)

今まではカメラバックに入れてそのままおいておいたのですが、そろそろしっかり管理しなければ行けないと思い、防湿庫を購入することにしました。日本は湿気も多いですし、万が一カビでも生えたら泡を吹いて倒れてしまいそうです()

そこで防湿庫の購入を決意し、いろいろ調べてみたけど数が多すぎて大変でした…  本当は東洋リビングとかトーリ・ハンのものを書いたかったんですが、高すぎて…  まあお値段なりに良い性能なんでしょうけどね。

しかし一気に防湿庫にかけられるお金もなく、Amazonで安いものを買いました。今回自分が購入したものはこちら。HOKUTOの防湿庫です。

レビューを見る限りそんなに悪いものではなさそうだったので、ポチッと。

やっぱAmazonPrmeは最強ですね。翌日配送最高すぎて。Amazonさん、クロネコさんありがとうございます。

DSC07040wm

それで届いたのがこちら。想像以上にでかく、重いですw

DSC07042wm

ぎっしり発泡スチロール。こういう系衝撃から守ってくれるのはいいんですけど出すのがマジで難しい。箱にピッタリくっついてて静電気で全然取れないんですよ…(結局箱解体しました)

DSC07045wm

出てきた本体。安い割には梱包しっかりしてます。

DSC07046wm

しっかり説明書も入っていました。

DSC07047wm

コンセントはこれだけです。意外とコンパクトですね。

DSC07048wm

あけてみました。メーカーロゴに温度計、湿度計、LEDランプスイッチがあります。

DSC07049wm

DSC07050wm

各部のアップ。

DSC07051wm

扉を開けてみるとこんな感じ。トレイが3段あって真ん中はレンズ用にスポンジが切ってあります。

DSC07052wm

ルーム内LEDはここについています。結構明るい。

DSC07053wm

ノーマルの棚。ここにもスポンジは引いてあります。

DSC07054wm

棚のガイド?一定間隔に穴が切ってあるので好みの高さで棚を設定できます。

DSC07055wm

配送中にずれないようにマスキングテープで止められていました。ありがたいですね。

DSC07056wm

自分的な使い方で一番上の棚はそんなに出番のないので潰しました。これでも上に隙間があるからバッテリーとかストロボを詰められます。

DSC07060wm

とこ
ろで届いたときから気になっていましたが、なんで取っ手がないんだろうと思っていました…

DSC07061wm

もしや…とおもって見てみたら裏についていましたw 多分発送するときに取っ手がついていると出っ張ってしまうので裏に止めているんでしょうね。自分でちゃんと表に付け替えました。

DSC07062wm

ACアダプターをつけてみると室温と湿度が表示されました。

DSC07063wm

LEDは各段に二発ずつついていますが、中全体を見渡せるほど広いわけではありません。

DSC07066wm

室温と湿度の順が逆ですが、まあまあ正確な数値を出しているのかなと!

購入から数ヶ月使っていますが、不具合もなくしっかり湿度を保ってくれています。今までは撮影から帰ってきてもカメラバックに入れっぱなしだったり、机の上においたままだったりでしたが、防湿庫を買ってからは自然と帰ってきたらボディーを磨いて防湿庫にしまう習慣ができました。日々増えていくレンズとボディー(?)をそのまま出していたら日本の気候上カビが生える確率も無きにしもあらず。カメラを趣味でやっている人も後でなかないために買っておいた方がいいアクセサリー?だとおもいました。もちろんプロユースのものはもっと高機能でいいものはあると思いますが、写真で仕事をしている人とかではない限り安いものでもいいのではないかと思います!僕が買った防湿庫以外にも安いものはあるので調べてみてください!一緒に楽しいカメラライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)