HUAWEI Band 2 Proを買った 開封/使用レビュー

こんにちは、ウサミです。

以前HUAWEI WATCH 2を買ったという記事を書きました。それからずっと使い続け早6ヶ月…

すごく素晴らしいスマートウォッチで不満もなく使ってきました。しかし!!!急に時計型ではなく、バンド型のスマートウォッチに興味が出てきてしまいました… 

なんでかというと
1.普通の時計もしたい
2.毎日の充電

この2つの理由も全然ガマンできることなんですけども、やっぱりBluetooth接続して一日中使ってあげるとまあまあバッテリー減ります。そうなると睡眠ロガーとして使いたくてもやっぱり使わない寝る時間には充電するという使い方になっていました。バンド型はスペック面ではだいぶ落ちるものの、電池持ちの面では時計型とは別物レベルです。こういう事を考えていたらバンド型が欲しくなり気づいたら手に入れていました()

DSC08401-R

今回買ったのが、HUAWEI Band 2 Pro。以前使っていたスマートウォッチと同じメーカーです。

今メインで使っているスマートフォンがHUAWEIのMate9という機種なので合わせたら相性的には問題はないかなと思い買ってみました。

DSC08403-R

このHUWEI Band 2には2タイプあってProと無印があります。違いはGPSが入っているかとランニングコーチ機能、睡眠モニタリングができるかどうかです。価格差は記事作成段階だと4000円程度です。別にガッツリ運動やっているわけでもなく無印でもよかったんですが、せっかくならPro欲しいと思ってProを買いましたw

DSC08404-R

時計本体はこんな感じ。バンド型なので本体はすごいスリムです。

DSC08405-R

ディスプレイの端だけメタルになっています。真っ黒ではないのでいいアクセントになっている気がします。

DSC08408-R

腕に巻き付けるバンド素材はサラサラのシリコン的素材です。

DSC08410-R

本体裏には、心拍数センサーがあります。心拍計測中は緑のLEDが光っています。

DSC08413-R

付属品は、充電グレードル、USBケーブル、取説、注意書きのみです。

DSC08414-R

DSC08415-R

DSC08416-R

充電は本体のこの奥に2つある電子接点にグレードルを合わせて充電します。なので本体に直接USBケーブルをさす事はありません。こういう所で防水性能を高めているんでしょうね!

開封してすぐUSBケーブルで充電をはじめましたが、20%でした。そしてすぐペアリングに入りました。

DSC08419-R

USBケーブルで充電をしたら電源が入ってMate9の方にすぐ出てきました。そういえばこのHUAWEI Band 2 Pro物理ボタンが一個も無いけど再起動とかどうやるんだろう^^;

DSC08420-R

DSC08421-R

タップしたらペアリングできるからタップしてよ!と言われたのでタップしました。ちなみに画面の下にある横線がタッチセンサーになっています。ポンと叩いても反応しますし、スワイプのようにしても反応します。

DSC08424-R

ペアリング完了後はすぐファームウェア更新がスタート。結構ファームウェアが溜まっていたのか2回行われていました。

DSC08425-R

ファームウェア更新中はずっと静かなHUAWEI Band 2 Pro。

DSC08426-R

ファームウェア更新には結構時間がかかったので放置しておきました。で、トータル一時間弱?で設定すべて完了したので、装着し一週間使ってみます!!!!

~1週間後~

購入からしっかり一週間で感じたことは電池持ちすっごい!!!!! 今までHUAWEI WATCH 2を使っていてそこからの乗り換えだからよりそう感じるのかもしれませんが、ものすごいです。実際100%に充電してそこからシャワーを浴びる時以外は常時つけていましたが、まだ40%残っていました。

その一週間のうち、常にMate9とBluetooth接続しアプリ通知を受け取っていましたがこれでこの電池持ちは感動しました。毎日GPSトラッキングを使ってランニングログを取るという使い方だとまた電池持ちは変わってくると思いますが、僕の使い方ではライフログが取れれば十分ということで満足過ぎる端末です。

睡眠ロガーも別物です。HUAWEI WATCH 2も睡眠ログを取ることはできますが簡易的なものです。

Screenshot_20180526-004832

上記のように、入眠時間と起床時間とその間のレム睡眠とノンレム睡眠を記録しています。

それに対し、HUAWEI Band 2 Proは「HUAWEI TruSleep」という機能が使えてより細かく睡眠ログを取ることが出来ます。

Screenshot_20180525-201531

HUAWEI Band 2 Proで取った睡眠ログはこんな感じ

Screenshot_20180526-004841

さっきのHUAWEI WATCH 2とは表示も全然違うすごい細かい睡眠ログが取れます。自分では気づいていませんがログによると一回目が冷めているみたいですねw こういうライフログを取るのが楽しみのうちの一つです(^^)

HUAWEI WATCH 2からHUAWEI Band 2 Proに乗り換えたわけですが自分の中で課題だった電池持ちはバッチリ解消できました。不便になった点を考えてみたのですが今の所自分の中ではありません…(^^)ここは本当に使うユーザーによるとは思いますが(^_^;) 

色々このHUAWEI Band 2 Proのレビューをみるとバイブレーションが弱いというのをちょくちょく見かけましたが、HUAWEI WATCH 2から乗り換えた僕でもバイブレーションが弱いと感じることはありませんでした。バイブが弱いと感じる方はすこし緩めにつけているのかなあと思います。あと激しい運動中には流石に弱いと感じるかも知れません。

また充電速度もめちゃくちゃ早いんですよ。このブログを書いている時20%になったので充電しようと思いしていたらものの30分で20%から100%に。このおかげでブログを書き終えたらまた着けてライフログがスタートできました。

時計型とバンド型両方のスマートウォッチを手に入れた私、両方のメリット・デメリットが見えてきました。両方ともおすすめできるデバイスではありますのでそれも今度記事にしようと思います!HUAWEI Band 2 Pro最高です!!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)