docomo版HUAWEI P30 Pro(HW-02L)を買った。P20 Proからの乗り換え。

こんにちは、ウサミです。

2019年9月13日にdocomoからHUAWEIのP30 Proが発売されました。本当はもっと早く発売される予定でしたがアメリカとの関係などありまして日本国内は伸びていました。

グローバル版を購入した人のレビューなどを見て、早く欲しいなあと思っていたところ8月21日に予約が開始され、早速ドコモオンラインショップで予約をし発売日の9月13日に自宅に届きました。

早速開封したのでご紹介します!

新品の嬉しさ

基本的になんとか上手くやりくりしてガジェットを楽しんでいるので新品で購入するのはなかなか自分の中ではない体験で、嬉しくて思わず写真を沢山撮ってしまいました。

スマホの箱にしてはかなり大きめなダンボールで届きました。

上フタをあけるとダンボーみたいで思わず笑ってしまいました。

箱の中身はこんな感じ。P30 Pro本体とドコモのパンフレットです。一番上のキャンペーンはもちろん応募したのでまた届いたらお知らせします!

いよいよ本体

Mate9の時は平べったい箱でしたが、P20 Proのときからは細長くなりましたね。

Huawei Mate 9 シャンパンブラック を買った 開封/使用レビュー

今回もしっかりとライカのロゴも入っています。

箱を開けるとP30 Proのおでまし。

P20 Proでも細長くなったなあと感じましたが、更に細長くなりました。

端末の下にはいつものSIMピンがあり更に下に付属品が入っています。

付属品はクイックスタートガイド、USB-CmicroSDカードリーダー、USB-C 3.5mm イヤホン変換アダプタ、USB-C ハイレゾ対応イヤホンです。ACアダプタやケースは付いていません。

本体ですが、全面ディスプレイになったのでほんとに画面デカイ!というのが第一印象です。

サイドのディスプレイエッジも綺麗でつるつるです。裸のまま持っていたら落としそうです。

裏面です。P20 Proは、カメラの部分は2+1で別れていたんですが、今回は3眼まとまってスッキリしました。フラッシュの位置も変わっています。P20 Proとの比較はまた別の記事で比較してみたいと思います。

Felicaの位置も上に移動しました。今までは真ん中あたりでしたが、今回からqiが搭載されたので上にきたんでしょうね!個人的にはこちらのほうが嬉しいです。改札などで利用する際上の部分だけかざせばいいですからね!

底面です。USB-Cコネクタ、SIMスロット、スピーカーがあります。

上面には赤外線センサーと、マイク穴でしょうか?空いています。またデザインが変わり、上部と下部は刀でスパッと切り落としたようなデザインになりました。頑張れば自立しそう…怖いからやりませんけどね。

まとめ

今回は届いて開けてまでをお届けしました。ここからP20 Proからのデータ移行、環境移行等すすめて行きながらまた気づいた点などをお届けできたらと思っています!

記事を追加しましたらこのページにもリンクを貼りますので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)