UAGのP30 Pro用ケース「PLASMA SERIES HUAWEI P30 PRO CASE」を購入。気に入りすぎて3回目のおかわり。

こんにちは、ウサミです。

前回の記事で発売日にドコモのP30 Proを購入した事を報告しました。

docomo版HUAWEI P30 Pro(HW-02L)を買った。P20 Proからの乗り換え。

新しいスマホを購入すると必ずつきまとうのがアクセサリー選び。

最近はiPhoneでも形が少し変わってくる事が多いのでケース選びに悩むiPhoneユーザーの方もいるかもしれません。

Androidの場合はほぼ同じ形でまた出てくることは無いので、ケースの使い回しというのは基本的にはできません。なので、毎回ケースを選ばなければいけませんがここ最近はケース選びには迷っていません。ただでさえ、選択肢が少ないAndroid機ですが、ここ数年は「URBAN ARMOR GEAR」というメーカーに出会ってから、愛用しています。その事も記事にしていますのでぜひ!

UAGケースのある生活。安心感と実用性を兼ね備えた保護ケース。

なので、今回もドコモのP30 Proを買うと決めた段階でUAGのケースも注文していました。グローバル版はもう既に発売済みですので日本でも売っているかなと探しましたが、見つからなかった為UAGの公式ページから購入しました。

UAG P30 Proケース

簡単な英語が分かれば購入も難しくないと思います。その他のUAG製品も家電量販店やAmazonなどでも売っていますが、結構割高な為、急に必要な時や急ぎではない時は公式サイトから買うのもいいと思います!今後は僕もそうしようと思っています。

注文から届くまで9日

9月10日の午後6時にオーダーしたので、受付されたのが11日でしょうか。トラッキングナンバーも送られてくるので追跡サイト等で確認しましょう!よく使っているのは「17TRACK」

実際の動きがこちら。12日に香港で出荷され、17日に神奈川の日本郵便センターに引き渡され、19日に最寄りの郵便局まで来て配達されました。実時間は9日ほど待ちました。Amazonに慣れていると遅く感じますが海外からの荷物は余裕を持って頼みましょう!10日以内に来ただけでも早いほうだと思います!

それでは開封!

よくある真っ白いで中がプチプチのタイプで来るかなあと思っていましたが、流石UAG。オリジナルの封筒です。もうここからかっこいい(ただのファン)

今回の発送は、香港からだったので比較的近く早かったのかもしれません。これがアメリカとかになるともっと時間かかります。

中身はシンプル。ケース本体と明細書のみ。

中身を詳しく

パッケージから出しました。裏面はこんな感じ。ツヤのある表面ですが、凸凹があり持ちやすいです。

もちろん底面、裏面もセンサー類やコネクタの部分もしっかり対応しています。

一見ゴツそうに見えるUAGのケースですが、つけてみると意外とスリムで握りやすいので家電量販店などでぜひ一回触ってみてください!

P20 Pro用ケースと比較

実際に一年半ほど利用してきたP20 Pro用ケースと並べてみました。P20 Pro用も今回購入したP30 Pro用も同じ「PLASMA」というシリーズです。

左がP30 Pro用、右がP20 Pro用です。並べてみるとデザインも少し違っているのがわかります。P20 Pro用にはあったゴム足のようなものはなくなっています。またUAGのロゴ周りを囲うようなデザインだったところもP30 Proではロゴ部分自体が浮くようなデザインに変わっています。

横から見てみるとよく分かりますでしょうか。P20 Proは凹んだデザインが、P30 Proでは浮き出るデザインに変わりました。

またP30 Pro用では上部が逆ノッチのようなくぼみがあります。センサー等の影響でしょうか?

実際にP30 Proに装着

実際にP30 Proに装着しました。やっぱりこのフォルムが大好きです。

ロゴはこのように軽く透けて見える程度です。

もちろん、側面、上面、カメラ部分も干渉無しです。カメラ部分はセンサーが内側に付いたためそこもくり抜かれてますが、この形も綺麗に感じます…

ディスプレイ面もバッチリです。しかし、P20 Proはエッジディスプレイではなかった為、全ての面にフチがありましたが今回は上と下のみになります。

こうしてみるとサイドはガラ空きなのがわかると思います。P20 Proの時はフル辺だったのでここは少し取り扱いに気をつけないとですね。

どっちもかっこいい…

本体ありでのP20 Proとの比較

ケースを付けた状態で並べてみました。こう並べるとケース内部の模様も変わっているのに気づきました。ゴム足は触っていると取れそうな場面もあったのでまあ無くてもいいかなと。ただ今まではこれのおかげで助かっていた場面もあったかもしれないので使ってみないとわからないですね。またディスプレイ側はサイドのガードがなくなったのでここも気をつけないと行けない点です。

今までいろいろなシリーズでUAGのケースを使ってきましたけど、今回もまた現時点では大満足の出来です。また使っていく上で気づいた点などありましたら追記していきます!

UAG P30 Proケース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)